ヨーグルトを使ったお菓子作りにハマっています。
夏は焼き菓子はあまり食べたくなくなりますが、私は焼き菓子が好きです。
ヨーグルトを使うとスッキリさわやかな焼き菓子が出来上がります。
蒸し暑い時期にも大丈夫です。
初めはヨーグルト入りのシフォンケーキを作っていましたが、シフォンケーキにするとなぜかヨーグルトの風味が薄くなります。
そこで、チーズケーキ風のケーキを作ってみました。
材料はヨーグルトの他に、小麦粉、砂糖、卵、レモン、ドライブルーベリーを使います。
玉子は2個使うのですが、軽さを出したくて1個にしてみました。
少しだけ入れたドライブルーベリーがいいアクセントです。
ふんわりと口どけがよくて、ケーキというよりプリンのようで美味しかったです。
冷やして食べると美味しいようですが、ためしに焼きたても食べてみました。
温かいケーキもそれはそれで美味しいです。
まだ冷えていないので、一晩冷やしてからまた食べようと思います。
冷たいとどんな味になるが、今から楽しみです。

秀吉で有名な、墨俣一夜城は、あんなドラマのようなイメージではないのです。田んぼの中の枠だけのお城でしょう。今では、小さな立派なお城がたっています。ありえません。でも、怖いですよ。だって、長良川のとても近くなのです。その支流のようなところがあって、そちらに建てたのでしょうが、長良川、相当に深く、広いです。見るからに、恐ろしい、ザ、川です。あんなところ、泳ぐことなどは無理でしょう。水量も多いし、どうやって、戦ったのかと思います。橋だって、かけるのは難しいと思います。さらに、岐阜からも名古屋からも遠いのです。1日で来られるかどうかというイメージです。働き者ですよね。スピード感がありました。
何でも改革はスピードがあるほうがいいのですね。だらだらしていると、時代は遅れてしまいますから。
岐阜には、さほど、秀吉の名残はありませんでした。この墨俣一夜城ぐらいです。信長様の清州城もありますが、清州も、名古屋のお隣です。