裏の畑から収穫したいちごで自家製いちごジャム

代々お家のお母さんが、畑をやっている義実家

一昨年から足腰の弱った義祖母に変わり義母が畑をすることになりました。
「何が食べたいですかー?」と、家族のみんなの意見から、いちごやすいか、じゃがいも、枝豆等、様々な野菜や果物を作ってくれています。

特にいちごは元々あったいちごに加えて、苗を足して植えたこともあり大量に収穫できました。
大粒のいちごはそのままで、小粒のいちごは手作りジャムに
市販のものよりさっぱりめのジャムは、食べやすくてとても美味しい1品です。
レモンはなくても酸味の強い品種だからか、甘さの中にも酸味がきいててたくさん食べてしまいます。

なにより、作っている途中にお家の中が、甘酸っぱいいちごの匂いに包まれると、なんだか幸せな気分になります。
いちごは今日でシーズン終わりなので、今日が最後のジャム作りの日。お天気が悪いからか、息子が朝からぐずっやっと寝たところに、ちょうどジャムの匂いがしてきて、ほっと一息。
ジャムを、いただく時は、やっぱりコーヒーより紅茶がいいですね。ミュゼ まとめ