春になって桜が咲く頃に、近くの名所に行ってお花見をしてみませんか。

毎年春のお楽しみといえば花見ですが、地域によって時間や時期は異なります。

各地域の桜の開花予想日は、2月~4月にかけて発表され、各地の桜(ソメイヨシノ)の開花予想日を結んだ線を「桜前線」と呼んでいます。

桜前線は、地形・気候・品種によって開花の時期が前後します。

桜の開花日とは、気象庁では、標本木が5~6輪以上の花が開いた最初の日を指し、満開日とは、標本木で80%以上のつぼみが開いた最初の日を指します。

花見の満開時期が異なるため、年度末の3月が見頃な地域は卒業式や送別会にぴったり間に合います。

4月初旬が見頃な地域は、入学式・歓迎会などの年度初めの宴会として花見を楽しむ場合が多いです。

千葉県野田市にある清水公園は、江戸川及び指流の座生川沿いの開析谷低地及び高地の縁辺が複雑に入り組む場所あるため、園内は緑も多く起伏もあります。

花見の名所として知られており、桜もソメイヨシノを中心に50種類2000本が植えられ、桜の季節にはたくさんの桜が咲きます。

また、関東有数のつつじの名所で70000平方メートルの敷地に100品種・20000株が植えられ、オオムラサキが多く、園内あちこちに植えられています。

こんなにたくさんの桜とつつじが、身近で植えられているとは思いませんでした。

お花見は、普段のストレスを癒やしてくれるイベントです。春になったら、あなたの町の満開の桜を観に行きましょう。ミュゼ 980円 キャンペーン