多部未華子さんがツバキ文具店で主演女優賞に輝く

質の高いドラマを表彰するコンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演女優賞を,NHKドラマ「ツバキ文具店」で好演した女優の多部未華子さんが受賞しました。
自分も毎週楽しみにしていたドラマでしたし,本屋大賞の入賞作品が原作で特に事件らしい事件が起きるわけでもないNHKらしいストーリーでした。
祖母が経営していた代筆屋を継いだ主人公のお客さんとの関わりや,地域の住民との何気ないささやかな触れ合いを描いた静かなドラマでしたが,鎌倉の風景もあり心が洗われるような清らかさがありました。
見始めたきっかけは以前から好きだった多部未華子さんが主演だったからですが,多部さんの代表作になるような彼女しか醸し出せない世界が展開されていました。
視聴率が特に高かったわけではなかったので,こんなに良いドラマはもっと多くの人に見て欲しいなと思っていましたが,やはりプロが見ても秀逸なドラマだったのだと知って納得しました。
民放ドラマは視聴率が評価のすべてにあるようですが,民放ほど縛りがないNHKには継続してショッキングでなくても見応えがあるドラマを作って欲しいと期待します。